カナダでの医療保険について

旅行・ワーホリ・留学とそれぞれ異なる目的を持ってカナダに来られる場合でも、
渡航者全員に必ず必要となるのが”医療保険への加入”です。

カナダで怪我や病気をした際にかかる医療費は、基本、万単位です。
例として、お医者さんに診察してもらうだけで、診察料が約1万円します。
(お薬代は別です。)

厳しいお話ですが、カナダ政府には、カナダ人を守る義務はあっても、外国人である日本人を守る義務はありません。そのため、医療保険はご自分で責任を持って保証期間、保証内容をしっかりと確認して加入しておく必要があります。現に、カナダの学校では、留学生の入学条件の1つとして医療保険への加入があります

私がトロントの語学学校で働いているときも、日本人の生徒さんが通学中に体調を崩して
倒れてしまい、救急車で運ばれることがありました。学校以外でも、バイト先で指を切ってしまい、緊急で縫わないといけなくなってしまったワーホリの方や、私の妹自身も留学中に急な歯痛に襲われ、現地で手術を受けないといけなくなったりと、「日本では考えられなかったことが、カナダで自分に起こる」ことは残念ながらあります。

そのため、「日本で大丈夫だったから、カナダに行っても大丈夫!」という思い込みは危険です。生活環境が変わる
ことで、日本では起こらなかった体調の変化が起こりやすいということを、どうか頭の片隅に入れておいてください。そして、そんなときに日本人留学生を守ってくれるものは、ここカナダでは保険しかないということも忘れずにいて
ください。

それを証明する実例として、カナダで病院に到着すると、まずどこの保険会社に加入しているか確認されます。(加入保険のカードは常に財布の中にいれておきましょう。)
そして、その場で医療費を請求されます。大きな額になると現金での支払いが難しいため、クレジットカードでの清算となります。
(※カナダでは病院でもデビットカード/クレジットカード清算が一般的です。渡航前にクレジットカードの利用制限額を確認しておきましょう。1枚に大きな限度額を設定しておくのが不安な方は、クレジットカードを2枚持ち合わせておくと良いでしょう。)

少し話が反れますが、日本人の留学生の中には、カナダでも現金主義の方を見かける事がありますが、カナダ(北米)ではクレジットカードを持っている事自体が「支払い能力があると見なされる材料」となりますので、必ず日本から
ご持参されておくことをお勧めします。現にホテルのチェックインの際にも、必ずクレジットカードの提示が必要と
なります。また、カナダでは、VISAとMASTERCARDが主に使われており、AMERICAN EXPRESSは使えないところも
あるため、注意が必要です。日本のクレジットカード会社のものも使えないと認識しておいたほうが良いです。

保険の話に戻りますが、カナダでは手軽に医療保険に加入できるのも大きな特徴です。
保険料が1日単位のため、お好きな日数でかけることができます。また、日本の保険に比べて、保険料がお値打ちの
ところも魅力です。(例:カナダの留学生保険(補償限度額 約2億円)の保険料:$1.77/day=約150円)

弊社が提携しているブリッジス・インターナショナル保険サービス(BIIS)の医療保険の詳細(日本語)は、
ココをクリックしてご覧いただけます。お申込み、クレジットカードでの清算も、同サイトで同時に済ませることが
できるため大変便利です。

その他、保険に関するご質問は、右上お問い合わせページよりお気軽にお送りください。

皆様のカナダでの快適で健やかな生活を祈っております!